ビレッグ サイズ

ビレッグを購入前に選び方をチェック!【サイズが合わなそうで心配!】

ビレッグ サイズ

 

ビレッグのような加圧式のレギンスやソックス、着用したことはありますか?

 

加圧の力でキュッと引き締まるのが特徴ですが、なんだかきつそうなイメージがありますよね。

 

どれくらいきついのかもわからないし、サイズ選びに悩んでしまう人もいるのでは。

 

ビレッグのサイズの選び方、どうすればいいのでしょうか。

 

サイズが合わなくては、効果も半減してしまいそうです。

 

正しいサイズの選び方を、購入する前にきちんと知っておきたいところです。

 

では、ビレッグのサイズ選びのポイントをご紹介しましょう。

 

 

ビレッグのサイズ展開

 

ビレッグは、ソックスではなくレギンスタイプ。

 

お尻も下腹もすっぽり包み込むので、サイズが小さいと入らないということも考えられそうです。

 

そもそもビレッグには、どんなサイズがあるのでしょう。

 

サイズ展開を調べるため、公式サイトを見てみました。

 

するとなんと、ビレッグはフリーサイズのみの展開なのだそう。

 

ワンサイズしかないのなら、サイズ選びに困ることはありませんが…

 

フリーサイズとなると、普段Lサイズを着ている人はちょっと心配ですよね。

 

 

ビレッグの伸縮性

 

すでにご存知のとおり、ビレッグは加圧式のレギンス。

 

もちろん、ある程度の伸縮性はあります。

 

ですがあまり伸びすぎると、逆に加圧の力を弱めてしまうことに。

 

縦にはすごく伸びるのですが、横にはあまり伸びないようです。

 

普段Lサイズでもパンパン、という人にはちょっときついかもしれません。

 

サイズが心配な人は、まず1着から試してみるといいですね。

 

 

きつく感じる時は

 

ビレッグの口コミには「サイズがきつくて、履き続けられない」という声もあります。

 

加圧式の衣類に慣れていない人は、特にきつく感じるのかもしれません。

 

そのような時は、まず短時間からの着用が勧められています。

 

普通のレギンスと違って加圧の力が加わるので、きつく感じるのは当然です。

 

少しずつ加圧式のビレッグに慣らしていきましょう。

 

着ているうちにむくみが取れて、サイズが合ってくるということも考えられますね。

 

それでもきつい、気分が悪いという場合は、無理をするのは禁物です。

 

無理して着ても、いい効果は得られません。

 

 

まとめ

 

ビレッグはフリーサイズのワンサイズ展開でした。

 

サイズが合うか心配な時は、1着の購入をお勧めします。

 

セット購入より割高になってしまいますが、サイズの合わないものを何着も買ってしまうよりはいいですよね。

 

着ているうちに慣れてきたり、細くなってサイズが合ってくる可能性もあります。

 

自分の体の様子を見ながら、少しずつ生活に取り入れていけるといいですね。

 

ビレッグの公式サイトには、イメージ写真や口コミも掲載されています。

 

まずは公式サイトをチェックして、サイズ選びの参考にしてみましょう。

 

>>ビレッグの詳細はこちら