ビレッグ 素材

使われている素材を徹底解析!【どんな素材でできている?】

ビレッグ 素材

 

着用すると加圧の力がキュッと脚を引き締めてくれるレギンス、ビレッグ。

 

加圧がかかるレギンスって、いったいどんな素材でできているのか気に生りませんか?

 

ビレッグはサイズもフリーサイズのワンサイズ展開だし、素材によってはきつくて履けないなんていうこともありそう。

 

加圧の力と効果の秘密、伸縮性のことも考えて、ビレッグの素材をきちんと知っておいて損はありません。

 

では、ビレッグはどんな素材で作られているのか、ビレッグの特徴も一緒に見てみましょう。

 

 

ビレッグはどんな生地でできている?

 

まずはビレッグの素材の基本的な情報から。

 

ビレッグの公式サイトには、こう書かれています。

 

ナイロン91% ポリウレタン9%。

 

なるほど、伸縮性がありそうな生地ですね。

 

ですが実は、ビレッグの伸縮性には限度があります。

 

というのも、あまり伸びすぎては加圧の力が弱まってしまうから。

 

縦にはとてもよく伸びるのですが、加圧の力のポイントとなる横方向にはあまり伸びません。

 

全く伸びないわけではないので、フリーサイズでもある程度のサイズ幅はカバーできます。

 

 

ビレッグの素材に隠された秘密とは?

 

ビレッグの公式サイトを見てみると、素材に脚痩せ効果の秘密があることもわかります。

 

ビレッグの素材は、脂肪燃焼を促進する効果があるようです。

 

独自に開発された編みこみ技術を取り入れることで、脚に適切な加圧がかかるように工夫されています。

 

この開発に、なんと5年もの歳月を費やしたのだとか。

 

圧をかけてキュッと引き締まるだけの、ただのレギンスではないということですね。

 

この加圧のバランスには、他の効果も期待できます。

 

それは、リンパマッサージ効果。

 

こちらもなんと1万回以上もテストをして、やっと辿り着いた加圧バランスなのだそう。

 

絶妙な加圧バランスがリンパの流れを促して、老廃物のない健康的な美脚へ導いてくれるのです。

 

 

ビレッグのお手入れ方法は?

 

素材について話すのなら、お洗濯の方法にも触れておきたいところ。

 

ビレッグは特に気を使わなくてはいけないような生地ではないので、普通に洗濯しても大丈夫です。

 

ただ、長く愛用するのであればやさしく洗うことが大事。

 

ネットに入れて洗濯しましょう。

 

ネットに入れないと、他の洗濯物と絡まって伸びたりしてしましそうです。

 

もっとやさしく洗いたい人は、手洗いもいいかもしれませんね。

 

ひどい汚れがつくわけではないので、強くゴシゴシする必要はありません。

 

やさしく洗って、長く愛用したいですよね。

 

 

まとめ

 

ビレッグの素材には、美脚にかかえない秘密がありました。

 

特別な素材ではないですが、特別な技術で作られています。

 

長い期間をかけて開発されたビレッグの技術なら、美脚も夢ではなさそうです。

 

>>ビレッグの詳細はこちら